神社で結婚式を考えた場合の基礎知識と流れについて


日本古来の伝統的な結婚式のスタイルです

神社での結婚式は、本人達だけでなく、2人の親族同士を結びつけるという考え方が根底にある結婚式です。玉串拝礼や三々九度の盃といった儀式を行うことにも大きな特徴があり、2人の心を神に捧げ、家と家とのきずなを強く結びます。このような儀式を通して、神様に結婚の報告をします。

神様に結婚の報告を行う、という意味合いでは教会式と変わりありません。しかしながら、日本人として伝統的なスタイルに憧れている、結婚は2人だけの問題ではなく、家と家との結びつきの意味合いが大きい、と考えているカップルには向いている結婚式のスタイルと言えます。

神社での一般的な結婚式の流れ

神社での結婚式は、儀式に始まり儀式に終わります。この儀式を通じて、より夫婦のきずなを強く感じられるカップルもいるようです。

流れとしては、参進の儀、入場、修祓の儀、祝詞奏上の儀、三々九度の盃、指輪の交換、誓詞奏上、玉串拝礼、巫女の舞 、親族盃の儀 、斎主挨拶、退場 が一般的です。一連の儀式については所作が大変重要です。動作の動き方や回数などが、細かく定められています。事前準備が可能な本人達は、事前に教えてもらえるので、練習する時間をとることが出来ます。親族友人が参加する儀式がある場合は、儀式直前で神社の関係者が動作を指示してくれることが多いので、その通りに動けば問題ありません。

それぞれの儀式には当然意味合いが込められていますので、本人達の一方的な考えや都合で、割愛したり所作を変更したりすることはできませんので、憶えておきましょう。

神社で行う結婚式は、場所によって参列できる人数や式の流れがあらかじめ決められています。三重の神社婚を利用する時は事前に希望する挙式のスタイルが可能か確認しておくことが大切です。